2019/03/17

アンメルツヨコヨコの痛い熱いは副作用?塗りすぎると逆効果なのか口コミを徹底調査!

 
アンメルツヨコヨコ 痛い 熱い 副作用 口コミ

Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
カイロプラクティック(整体業)営んでいます。身体を歪ませない為に、参考になる情報をお届けしていますので是非参考にしてください。

「アンメルツヨコヨコを塗ってスカッーと肩こりが楽になりました。」

「アンメルツヨコヨコはもう手放せない!私の必需品です。」

といったアンメルツヨコヨコを高く評価している人たちがいる一方で、

アンメルツヨコヨコを塗ったところが赤くなった!熱い!ヒリヒリ痛い!と訴える人も結構いるみたいです。

 

アンメルツヨコヨコっていったいどんな商品なのでしょうか?

 

「アンメルツヨコヨコを使ってみたいけど、ヒリヒリ痛いんじゃないの…?」

と足踏みをしている人もいるんじゃないでしょうか。

 

アンメルツヨコヨコを実際に使ったことのある人90人の口コミをもとに、徹底的に実態調査を行ってみました。

 

調査結果から分かってきたことは、アンメルツヨコヨコを塗ったあと赤くなったり、熱くなったり痛みを感じる人は、アンメルツヨコヨコを使う前に入浴していたり、運動で汗をかいていた人がほとんどでした。

 

入浴や汗とアンメルツヨコヨコの関係もこの記事で解説しています、

それと、アンメルツヨコヨコを塗った人の口コミ情報の分析も行っていますので口コミ情報の詳しい内容はそこを見て下さい。

 

さらに、アンメルツヨコヨコを塗ったときに起こるヒリヒリ感や熱くなったりする原因が、アンメルツヨコヨコに含まれている成分とアンメルツヨコヨコの使い方に深く関係していますので、そこの詳しい解説もぜひ参考にしてみてください。

 

この記事はこんなあなたにおススメ!

  • アンメルツヨコヨコを使ったことが無くて副作用が心配な人
  • アンメルツヨコヨコを使ったことがあるが痛くて熱いのは副作用なのか気になる人

アンメルツヨコヨコの痛い熱いは副作用なのか?塗りすぎると逆効果なのか?口コミ評判を徹底調査!

アンメルツヨコヨコ

アンメルツヨコヨコを塗ったところが赤くなったり、熱かったり、ヒリヒリ痛いと感じた人は、アンメルツヨコヨコを使う前に、入浴していたり運動で汗をかいていた人でした。

 

ここではアンメルツヨコヨコの問題点を中心に、アンメルツヨコヨコを実際に使っている人がどういう評価をしているのかなど詳しく解説しています。

 

さらに、アンメルツヨコヨコの副作用が入浴した後や運動で汗をかいた後に起こる理由、アンメルツヨコヨコに含まれている成分が関係しているのかなど、詳しく解説していきますので、アンメルツヨコヨコの副作用で心配な人は参考にしてみてください。

 

アンメルツヨコヨコの痛いや熱いという効果は副作用なのか?

アンメルツヨコヨコのメーカー側によると、

  • 赤くなる
  • かゆみ
  • はれ
  • 熱い
  • ヒリヒリ痛い

などは副作用の恐れと記載されています

 

このような症状が現れたときは使用をすぐに中止するようにとも書かれています。

 

またアンメルツヨコヨコの使い方のところでは、スポーツや入浴など、汗をかく前後での使用で熱さを感じたり、ヒリヒリする痛みが増したりすることがあるとも記載されていました。

 

汗をかいた後でアンメルツヨコヨコを塗ったところに副作用が現れる理由として一番考えられることは、入浴や運動の後では汗腺の穴が開いた状態になるためアンメルツヨコヨコの有効成分が患部に過剰に浸透し、こういった弊害が副作用として強くあらわれていることが考えられます。

 

実際、アンメルツヨコヨコに含まれている成分の一つにノニル酸ワニリルアミドという物質がありますが、この物質は温感刺激成分で、末梢血管を広げて血行を促進させる働きがあります。

 

この成分が含まれている商品の使用上の注意点は、塗ったところをコタツや電気毛布で温めないこと、入浴1時間前は塗らない、入浴後はほてりが治まってから塗る、ということが分かっています。

 

汗をかいた後では汗腺の穴が開いていますのでそこから多量の温感刺激成分が入った結果、過剰な刺激反応が起こっていると考えられます。

このことが赤くなったり、熱く感じたり、ヒリヒリと痛む原因だといえるでしょう。

 

尚、アンメルツヨコヨコに含まれている成分の詳しい説明は下の方でも解説していますので見て下さいね。

 

アンメルツヨコヨコを塗り過ぎてしまうと逆効果なの?

アンメルツヨコヨコの塗布の仕方には「1日に数回を適量塗布してください」と書かれています。

 

また、皮膚の弱い人は、同じ患部に何度も使用しないようにと使用方法には書いてあります。

 

さらに、5~6日間使用しても筋肉痛や肩コリが改善しない場合はそれ以上使用しないように注意書きもありました。

 

アンメルツヨコヨコが筋肉痛や肩コリに効くのは、刺激成分が多く含まれていて、アンメルツヨコヨコを塗ることで患部に刺激を与え、血行促進をさせるためです。

ですから、塗りすぎると刺激が強すぎてしまう危険性がありますので塗りすぎには注意しましょう。

 

アンメルツヨコヨコを使った人の口コミ紹介と分析結果

実際にアンメルツヨコヨコを使った人の口コミを紹介しましょう。

「アンメルツヨコヨコ塗ったところが赤くなりヒリヒリ痛かった。」

「アンメルツヨコヨコをお風呂上りに塗ると痛くなった。」

「アンメルツヨコヨコを塗った後にお風呂に入ると体が熱く悲鳴をあげた…」

「汗をかいているときにアンメルツヨコヨコを使うとヒリヒリ痛い!」

これら90人の口コミ情報を分析してみると、アンメルツヨコヨコを使いたいが副作用で悩んでいる様子が分かりました。

 

アンメルツヨコヨコを使った人の84%の人は、アンメルツヨコヨコは効くという回答が寄せられていました。

一方、アンメルツヨコヨコを塗ってみたが効かない、あまり効果なしと答えた人は全体の16%でした。

アンメルツヨコヨコ 口コミ分析

 

しかし、アンメルツヨコヨコの口コミ情報の特徴は、アンメルツヨコヨコは効果があったが副作用も同時にあったと回答している人が意外に多かった点です。

つぎのグラフを見て下さい。

アンメルツヨコヨコ 副作用 グラフ

アンメルツヨコヨコの効果を認めている人が全体の80%以上いる一方、68%の人しか副作用を感じなかったと答えています。

 

すなわちアンメルツヨコヨコの効果を感じているにもかかわらず32%の人は同時に副作用も感じているということになります。

副作用の内訳は赤くなる、熱くなる、ヒリヒリ痛いでした。

 

つまり、アンメルツヨコヨコを使っている人は筋肉痛や肩コリに効果ありとしながらも、赤くはれたり、熱かったり、ヒリヒリする痛みなどの副作用を我慢して使っている現状があるということになりますね。

 

アンメルツヨコヨコの副作用をなくして、アンメルツヨコヨコをもっと上手に使うことができたら、これから初めてアンメルツヨコヨコを使う人も安心して使うことができるはずです。

 

そういうことで、つぎにアンメルツヨコヨコを安心して使うために、アンメルツヨコヨコに含まれている成分をさらに詳しく見ていくことにしましょう。

 

アンメルツヨコヨコの種類・価格・成分・効能をまとめてチェック!

アンメルツヨコヨコはつぎの2種類の商品があります。

いずれの商品も成分は同じで容量と価格が異なるだけです。

  • 46mL:500円
  • 80mL:750円

※価格は一例です。

 

そして、アンメルツヨコヨコには次のような成分が含まれています。

この一覧表には、含まれている成分の物質名、含有量、各物質の効能を示しました。

アンメルツヨコヨコ 成分 効能

一覧表をご覧のとおり、5つの成分中3成分が患部に刺激を与えて血行促進をさせる働きをします。

 

すなわち、アンメルツヨコヨコは刺激による筋肉痛や肩コリを治すという塗り薬だということがお分かりいただけると思います。

 

しかし、それは同時に刺激物質からできているアンメルツヨコヨコを過剰に塗れば塗るほど、肌自体にも過剰に刺激を受ける結果となり、赤くはれたり、熱さを感じたり、ヒリヒリする痛みにつながってしまうということです。

 

ですからアンメルツヨコヨコを使うときは、注意書きに従って正しく使用してください。

 

アンメルツヨコヨコの刺激が気になる人はこちらの商品もオススメです☆

 

アンメルツヨコヨコの副作用を解決する正しい使い方

筋肉痛 コリ しびれ 仕組み

上の図から血行不良が筋肉痛、肩コリ、神経痛の全ての原因であることが分かります。

 

すなわち、筋肉疲労により腐敗物が筋肉にたまり、筋肉痛を引き起こします。

次に、筋肉痛が続くと筋肉が硬直してコリへと発展します。

さらにこの硬直した筋肉が近くにある神経を傷つけてしびれなどの神経痛へと進行していきます。

 

これが筋肉痛、肩コリ、腰痛などを引き起こす仕組みです。

 

アンメルツヨコヨコには冷感刺激目的でl-メントール、またノニル酸ワニリルアミドという温感刺激の成分などが含まれています。

これらの物質が患部に刺激を与えて血行不良を改善する働きをしています。

 

いずれも共通点は患部の血管に刺激を与えて、血の巡りをよくすることで、筋肉痛やコリを緩和するというものです。

 

すなわち、アンメルツヨコヨコは血行不良を改善するために刺激物質が多く使われていますので、過剰に塗らないこと、また過剰に皮膚に吸収されないようにすることが副作用を起こさない最良の方法となります。

 

アンメルツヨコヨコを効果的に使う正しい方法は?首に使っても大丈夫?

アンメルツヨコヨコの使用上の注意として、目の周囲、湿疹、かぶれ、傷口などの部位には使用しないことが示されています。

 

特に肌の弱い首から上の部分にはアンメルツヨコヨコを使わないように注意しましょう

 

またアンメルツヨコヨコは多くの刺激物質を含んでいるため、1日数回、適量の塗布で様子を見ることも必要です。

 

アンメルツヨコヨコに含まれている成分による冷感刺激や温感刺激が自分の体質に合っているか、特に肌の弱い方は注意が必要です。

 

アンメルツヨコヨコは使い方を間違えると危ない?

アンメルツヨコヨコは含まれている成分による刺激で血行不良を改善する薬です。

塗りすぎや、皮膚の弱い部分への塗布、さらには過剰に皮膚に吸収させてしまうと、刺激による血行促進を超えて激しい刺激を肌に与えてしまいます。

我慢ができないような熱さや痛みに襲われる恐れがありますので正しく使うようにしましょう。

 

入浴や運動の後など、皮膚の温度が上昇している状態では汗腺が開いた状態になるため、刺激成分がより深く吸収されやすくなり、肌に与える刺激作用が強く現れてきますので特に要注意ですよ!

 

逆に使い方をきちんと守って使用すれば、アンメルツヨコヨコは大変重宝なぬり薬となります。

 

アンメルツヨコヨコの効果とメリット!血行不良に効く優秀な塗り薬!

アンメルツヨコヨコA

アンメルツヨコヨコの効果としては、

  • 筋肉痛
  • 筋肉疲労
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 打撲
  • 捻挫
  • 関節痛

などによいとされています。

 

すなわち、血行不良が原因となって首から下の粘膜や湿疹、傷口以外の筋肉、関節部分の炎症には大変効果的な塗り薬となります。

 

アンメルツヨコヨコの特徴は、

  • アンメルツヨコヨコには冷感刺激によるスッキリ感と温感刺激によるじわじわ温感の両方で、つらい肩こりや筋肉痛の緩和とストレスが軽減ができる!
  • 従来のぬり薬に比べてかなり臭いが抑えられているため人前での臭いが気にならない、また臭いに敏感な人でも安心して使えて仕事先でも問題なく使える!
  • アンメルツヨコヨコの容器は持ちやすく塗りやすい容器なので、どこでも簡単に使えて旅行先などにも手軽に持っていけて便利!

アンメルツヨコヨコの副作用や使い方についてのまとめ

  • アンメルツヨコヨコの塗りすぎや過剰吸収は、赤くはれたり、熱くなったり、ヒリヒリする痛みの原因になる
  • 汗をかいたときはアンメルツヨコヨコを塗らない
  • 首から上や目の周り、傷口にはアンメルツヨコヨコを塗らない
  • アンメルツヨコヨコは刺激成分で筋肉痛や肩コリの原因である血行不良を改善する

アンメルツヨコヨコの筋肉痛や肩コリへの緩和作用は、アンメルツヨコヨコに含まれている刺激成分による刺激で患部の血行不良を改善するものです。

筋肉痛や肩コリは血行不良が原因で起こりますので、アンメルツヨコヨコはそこに着目した一番シンプルなぬり薬といえるでしょう。

 

しかも、従来の湿布薬のような臭いがかなり抑えられているため、また簡単に塗りやすい容器になっているため、手軽に使えるメリットが多くの愛用者の魅力となっています。

 

しかし、その反面使い方を間違えると、過剰な刺激が悲鳴となって襲ってくるのも忘れてはなりません

 

アンメルツヨコヨコは多くの利点をもった健康グッズですので、正しい使い方で筋肉痛や肩コリにスッキリ感を経験できる手軽なぬり薬ではないでしょうか!

初めての人はぜひ使ってみてくださいね!

 

アンメルツヨコヨコの痛い熱いは副作用?塗りすぎると逆効果なのか口コミを徹底調査!を見た方にオススメの記事

エミュープラスHi(ハイ)の効果と口コミを徹底分析!膝や腰痛に劇的な効果は期待できる!?

皇潤極が効かないという口コミ評判は本当?成分や効果的な摂取方法と解約方法も知っておこう!

この記事を書いている人 - WRITER -
カイロプラクティック(整体業)営んでいます。身体を歪ませない為に、参考になる情報をお届けしていますので是非参考にしてください。
 

Copyright© 歪ませない身体ケアブログ , 2019 All Rights Reserved.