2019/03/17

ボルタレンゲルは効かない?長期使用すると副作用の危険性!効果的な塗り方をチェック!

 
ボルタレンゲル 効かない 副作用 効果的な塗り方

Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
カイロプラクティック(整体業)営んでいます。身体を歪ませない為に、参考になる情報をお届けしていますので是非参考にしてください。

「ボルタレンゲルって使ってみたいけど効かないの?」

「ボルタレンゲルを使ってるけどなかなか効果が出ないんだけど?」

ボルタレンゲルに対してのそんなお悩みをもったこと、ありませんか?

 

「ボルタレンゲルはただぬっただけではダメなんですよ、すり込まなきゃ効果が出ないんです」

ボルタレンゲルは皮膚にすり込むように塗る、これがボルタレンゲルの使い方です。

普通に塗る方法とすり込む方法の違いを解説していきます。

 

さらにボルタレンゲルについてお悩みがある方に、

ボルタレンゲルを正しく知り、正しい使い方についても紹介していきます!

 

ボルタレンゲルを使ったことが無い人、

ボルタレンゲルの副作用や評価が知りたい人にも役に立つ内容となっていますので参考にしてみてくださいね。

ボルタレンとボルタレンゲルの違いとは?

ボルタレン ボルタレンゲル 違い

  • 「ボルタレンゲルって使ったことないけど、どんな商品なの?」
  • 「ボルタレンゲル使ったことあるけどどんな商品か理解していないだよね・・・」

 

ちょっと専門的になってしまいますが、主成分はジクロフェナクナトリウムという化学物質で、非ステロイド性抗炎症薬というふうに分類されている痛み止めの外用薬です。

 

ボルタレンのぬり薬にはゲルとローションがありますが、ボルタレンゲルの特徴はぬり薬なのに速乾性があり、ゲルが固まって薄い皮膜をつくるので痛み止めの薬の成分がいつまでも患部に留まっています。

なので、痛み止め効果の持続性がある点がオススメなんです。

まとめると…

  • ボルタレンは炎症を引き起こすプロスタグランジンという原因物質の生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬です。
  • ボルタレンゲルは痛め止めの塗り薬となります。

 

ボルタレンテープもありますのでこちらの情報を参考にしてくださいね♪

 

ボルタレンゲルの種類・価格・成分表

ボルタレンゲルの種類・価格・成分表

ボルタレンゲルの種類や価格は次の表をご覧ください。

※価格は一例ですので参考にしてください。

ボルタレンゲル 種類 価格 成分

この表の中でEXゲルはクールタイプでl-メントールというすっーとするハッカ成分が含まれていることがACゲルと異なる点です。

冷たい感じがお好みの人はボルタレンEXゲルがおすすめですよ。

 

ボルタレンゲルの口コミと質問についての回答!

次に実際にボルタレンゲルを使った人の生の声を聴いてください。

 

ボルタレンゲルのぬり方で白くなる?

  • 「ボルタレンゲル塗った所がなぜか白くなりました。このような事が起こってちょっと心配でした・・・」
  • 「ゲルが乾いたら剥がれてきました。どうしてですか?」

 

ボルタレンゲルは無色透明で無臭(ACゲル)のぬり薬なので、ぬった後に薄い膜が形成できれば白くなることはないのですが、ボルタレンゲルをたくさん塗りすぎると速乾性なのでボルタレンゲルの膜が厚く固まってしまい透明感がなくなり白くなったりします。

 

ちょうど接着剤が固まったみたいな感じですね。

またボルタレンゲルを厚く塗りすぎると厚い部分がポロポロととれてくるんです。

 

このような現象は特に人体に問題はありませんので心配しないで利用しても大丈夫ですよ♪

 

ちなみに、ボルタレンゲルの塗り方にはコツがありますので、下記のほうに効果的な塗り方

を紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

ボルタレンゲルの質問に対しての回答

  • 「ボルタレンゲル1%を病院で処方してもらいましたが、ドラッグストアで買えるのでしょうか?」

 

ボルタレンの飲み薬は強い薬なので病院しか買えませんが、ボルタレンゲルはドラッグストアで売ってます。

今ツライ痛みがあればボルタレンゲルが活躍すると思いますのでぜひ利用してみてくださいね☆

 

ボルタレンゲルは効かないという悩みや長期使用すると副作用の危険性も!

ボルタレンゲルの使い方が正しくないと、効かないという錯覚になってしまいます。

 

繰返しになりますが、ボルタレンは強い痛み止め薬の一つです。

ボルタレンゲルの正しい使い方理解することで、効かないという事が少なくなるので、

しっかりと解説しますので参考にしてみてください。

 

ボルタレンゲルの効かないという悩み

  • 「ぎっくり腰にボルタレンゲルを塗ってみたけど効かないけど…」
  • 「捻挫してボルタレンゲルをぬったんですがなかなか治らないんです。ボルタレンゲルって本当に効くの?」

 

ボルタレンゲルは塗布(ただぬる)では効果がでません。

ボルタレンゲルの効果を出すためには、ぬり込むやり方が必要です。

 

また、ボルタレンゲルは一時的な痛み止めで、治療薬ではないため4~5日で痛みが治まらないようでしたら専門医で早めに診てもらったほうが良いです!

 

もし効かないという人はエミュープラスHiという塗り薬も個人的に利用して効果がありましたのでチェックしてみてください♪

 

ボルタレンゲルは長期使用すると副作用の危険性

  • 「小指をぶつけてしまったんですけど、その場合の対処としてボルタレンゲルを塗るだけで大丈夫でしょうか?」
  • 「2週間以上も痛みが続くんだけどボルタレンゲルを続けてもいいですか?」

 

2週間以上の連続使用は副作用の原因にもなりますので絶対におやめ下さい。

残念ながら、ボルタレンゲルで治すことはできません。

ボルタレンゲルは急場しのぎの痛み止めですので痛みがなくなれば使用をやめてください。

 

それでも、痛みが取れなければ根本的に痛みの原因が残ったままですので整形外科などの専門医に診てもらってくださいね。

 

ちなみに、長期使用に関わらず副作用も起こる場合がありますので十分注意してご使用ください

主な副作用の報告例は次のようです。

  • 皮膚炎
  • 発疹
  • 発赤
  • アナフィラキシー(呼吸困難などの急激なショック症状)
  • 蕁麻疹

などです。

これらの症状を感じたらすぐに使用をやめて、病院へ行ってください!

 

妊娠中や授乳中の人は利用できるの?

  • 「授乳中で腰が痛たかったのでボルタレンゲルを塗ってしまいました」

 

という口コミをちょこちょこ見かけますが、

ボルタレンゲルの主成分であるジクロフェナクナトリウムは皮膚からは吸収されにくいのでお母さんの血液を通して母乳へ移行する心配は少ないです。

ですが、ぬり薬が直接赤ちゃんに触れる恐れがあるため妊婦さんや授乳中の人は絶対に使用しないでください。

 

ボルタレンゲルは妊娠中の人、授乳中の人には使用できない健康グッズです。

ちなみに、ボルタレンの飲み薬はもっと強い薬ですのでさらに注意が必要になります。

 

次の表にまとめてますので、こちらの表を参考にしてみてください。

ボルタレンゲル 妊娠中 授乳中 比較

妊娠中のお母さんには絶対に使用できませんので赤ちゃんを守るためにもご使用は絶対にお控えください!

 

どうしても腰痛、肩こりで辛い場合は、妊娠中や授乳中であることを必ず伝えて整形外科などの専門医に相談してみてくださいね。

 

ボルタレンゲルの効果

ボルタレンゲルはいろんなところで使われていますが、あくまでも痛み止めであることを忘れないでくださいね!

 

ボルタレンゲルの効果としては

  • 関節症
  • 肩周りの炎症(五十肩)
  • 腱鞘炎
  • 上腕骨上顆炎(テニス肘等)
  • 筋肉痛
  • 外傷後の疼

などです。

このような不調がある場合は、ボルタレンゲルも効果的ですので痛み止めとして利用してみてはいかがでしょうか。

 

ボルタレンゲルをおすすめする人と効果的な塗り方

ボルタレンゲル おすすめする人 効果的な塗り方

ボルタレンゲルをおすすめする人

ボルタレンゲル おすすめする人と理由

ボルタレンゲルをおすすめする人の一覧表をご覧ください。

ボルタレンゲルはぬり込むことで患部に浸透しますから強い痛みにも効果的なんですね。

また、ぬり薬なので広いところに使えるメリットもあります。

 

ボルタレンゲルの最大の特徴は速乾性のため、ぬった部分の外側だけがゲル状に固まり内側から痛み止めの薬成分がいつまでも効力を示してくれることです。

 

ボルタレンゲルの効果的な塗り方と使用上の注意点!塗り薬としてのメリットも!

ぬり薬は塗り方によって効果に差がでてきてしまいます。

 

多くの軟膏はすり込まずに表面にそっと塗るだけですが、筋肉痛に使用するボルタレンゲルはすり込むように塗ります

筋肉痛に使用するボルタレンゲルはすり込むことで皮膚に吸収され効果が得られるからです。

 

以下にボルタレンゲルの効果的塗り方のポイントを解説していますので是非参考にしてください。

  1. 1回の使用量はチューブから2~3cm(腰の場合は3~5cm)出す
  2. それを指にとり、うすく軽くすり込む感じでひろげる
  3. 速乾性がありますのでそっとしておく
  4. 繰り返して強くすり込むとボロボロ取れて吸収されませんので注意が必要

 

またボルタレンゲルの使用上の注意点についても説明します。

  • ボルタレンゲルの使用は、適量を1日2~3回患部にすり込む。
  • ボルタレンゲルのあとでのマッサージは不向きです。
  • 貼り薬のように上から覆わないでください。
  • ボルタレンゲルは他の痛み止めの薬との併用使用は絶対にしないでください!

他の痛み止めとの併用についての詳しい内容は以下のとおりです。

 

最後に、ボルタレンゲルを使ってみてのメリットを紹介しますね☆

  • ボルタレンゲルはゲル皮膜により、すり込むことで深くまで薬が浸透して強い痛みにも効き応急手当にはメリットがあります!
  • 貼り薬ではありませんので肌の弱い人にもかぶれる心配も少なく、持続性が期待できることも良い!
  • ボルタレンゲルは透明・無臭(ACゲル)なので塗った後でも外からみても分からない点は特に女性にはやさしい薬!
  • ぬり薬なのでよく伸びて、広いところまでカバーしてくれるのも良い!

 

ボルタレンゲルについてのまとめ

まとめ

  • ボルタレンゲルが効かないという人は塗り方が間違っている場合がある
  • 4~5日使っても痛みがおさまらない場合は早めに受診してください
  • ボルタレンゲルは2週間以上連続して使わない。
  • 長期使用での副作用に注意する。
  • ボルタレンゲルは妊娠中の人、授乳中の人は使えません。
  • ボルタレンゲルは他の痛み止め薬との併用はできません。
  • ボルタレンゲルは関節症、肩周りの炎症(五十肩)、腱鞘炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の疼などに効く。
  • ボルタレンゲルをおすすめする人は、痛みの強い人、痛む範囲が広い人、持続効果を期待する人、使用感を気にする人。

最近TVでボルタレン、バンテリン、ロキソニンなど多くの痛み止め薬のコマーシャルを観る機会が増えました。

バンテリンの商品についてはこちらも参考に☆

 

以前は病院でしか手に入らなかった薬がドラッグストアで手軽にすることができます。

しかし、これらの薬は比較的強い薬なので正しい知識なしで使ってしまうと危険です。

 

分からないことがあれば、必ず薬剤師や看護師、お医者さんに相談してから使ってくださいね。

特に妊娠中の人、授乳中の人、小さなお子さん(赤ちゃんはもちろん)、高齢者の人は必ず専門の人に相談してください。

 

また他の薬(痛み止め以外の薬も含めて)との併用は十分な注意が必要となりますので、こちらも必ず専門の人に聞いてから使ってください。

 

ボルタレンゲルは正しく使えば、一時的な身体の不調には良い塗り薬であることは間違いありませんので、

ぜひ効果的に使ってみてください!

 

ボルタレンゲルは効かない?長期使用すると副作用の危険性!効果的な塗り方をチェック!を見た方にオススメの記事

エミュープラスHi(ハイ)の効果と口コミを徹底分析!膝や腰痛に劇的な効果は期待できる!?

皇潤極が効かないという口コミ評判は本当?成分や効果的な摂取方法と解約方法も知っておこう!

この記事を書いている人 - WRITER -
カイロプラクティック(整体業)営んでいます。身体を歪ませない為に、参考になる情報をお届けしていますので是非参考にしてください。
 

Copyright© 歪ませない身体ケアブログ , 2019 All Rights Reserved.